theinstantswitchpdfreview.com

みんなが集まったじいちゃんの葬儀

大規模な葬儀が行われる「社葬」と「合同葬」

みんなが集まったじいちゃんの葬儀 社葬と合同葬は、企業が行う葬儀として知られ、参列者が数百人に及ぶ場合があるなど規模が大きいということが一つの特徴です。そして社葬は企業が施主になって行われる場合を指し、合同葬は遺族と企業が合同で行う場合を指すという違いがあります。

社葬(または合同葬)は、企業の創業者や経営者が亡くなった際に行われるほか、企業への貢献度が特に高かった役員や社員、さらに業務中に殉職してしまった社員に対しても行われます。そして社葬は、個人が行う葬儀とは違って、単に亡くなった方を悼むだけでなく、社会的にアピールをするという意味も持っています。今後も事業が継承されることを広く知ってもらうといった社会的ステータスを示す意義があるほか、社内の士気を高めるという役割もあります。そのため、葬儀費用に関しては無闇に節約することは避けたほうがよく、経営がうまくいっていないような印象を与えないようにすることが重要でしょう。

さらに社葬では、世間へのイメージが重要になってくるため、葬儀を目的とした実行委員会を設置するといった入念な準備も必要になります。そして準備を行うためには十分な期間が必要になってくるため、実際に葬儀が行えるのは故人が亡くなってから1週間後ぐらいになるのが通例です。

Copyright (C)2019みんなが集まったじいちゃんの葬儀.All rights reserved.